Skip to main content

ジョイント・ベンチャー

海外パートナーとのジョイント・ベンチャーを成功に導くアドバイス

ジョイント・ベンチャーやアライアンス、マイノリティ投資は、特に国際的に事業を展開する企業の戦略として重要な選択肢となっています。

当事務所は、以下を含め、ジョイント・ベンチャーやアライアンス、マイノリティ投資などを検討する様々な業界のクライアントに積極的にアドバイスを提供しています。

  • 単一の取引としての、または既存事業のより広範な再編及び組織再編の一環としてのジョイント・ベンチャー
  • 双方のスキルとテクノロジーを融合するための新規ベンチャー
  • プロジェクトに基づいたジョイント・ベンチャー
  • 新興市場に参入するためのジョイント・ベンチャー

当事務所は、ジョイント・ベンチャーのストラクチャリングやプランニングにおいて、規制対応や税務、年金、労務、商取引、環境、知的財産法など、関連する業務分野における豊富な経験を活かし、包括的なアドバイスを提供することが可能です。

海外パートナーとのジョイント・ベンチャーについては、当事務所のグローバル・ネットワークを活かし、シームレスなアドバイスを提供しています。

また、相手方との交渉をスムーズに進めるために、議決権やデッドロック、当局の承認、リスクの把握など、取引が進むにつれてクライアントが直面する課題についてアドバイスを提供しています。